銀山温泉ガイド

山形県尾花沢市にある銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、NHK連続テレビ小説おしんの舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった温泉です。

山形新幹線大石田駅よりバスで約40分で銀山温泉に到着します。

冬に銀山温泉を訪れるとその雪景色の素晴らしさに驚かれることでしょう。



車で銀山温泉行こうと思っている方は、温泉街が狭い事と景観を損なわないようにとの配慮から、車両通行禁止なので注意が必要です。

宿泊客は宿が指定した駐車場に、日帰り客は温泉街入口の未整地に車を止めて徒歩で温泉街に向かうこと(徒歩5分程度)になります。

銀山温泉の泉質は、含食塩硫化水素泉 です。

銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並ぶ温泉街があります。

多くの旅館は、建築された当時としてはモダンな三層四層の木造バルコニー建築です。

川にかかる橋と、歩道に並ぶガス灯が銀山温泉独特の雰囲気を醸し出しています。

特に、銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景です。

銀山温泉の有名人といえば、旅館「藤屋」の白人女将藤ジニー(米国人)。藤ジニーは公共広告機構のCMに出演するなど、メディアにも数多く出演しています。

温泉街にある2軒の共同浴場(「大湯」「しろがね湯」)も人気です。そして、温泉街の遊歩道にある足湯も。


銀山温泉はもともと、寛永年間に、かつてこの地にあった延沢銀山の工夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見したことによります。

1689年に銀山が閉山した後は湯治場として賑わいました。一時大洪水により温泉街は壊滅しましたが、その後、復興し現在に至っています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

銀山温泉を満喫しょう

銀山温泉の奥には、かって栄えた延沢銀山(のべさわ)の跡があるらしいですね。

延沢銀山。
最盛期には、島根の石見銀山、兵庫の生野銀山とともに三大銀山と
呼ばれ、大変栄えていたらしい。

今から約500年前のお話。

出羽延沢銀山として栄えた後、堀子共が中沢に湯の湧き出てるのを発見。
その後、湯治場として知られ、利用者が多くなったようだ。


千と千尋の神隠しのモデルになったのではないかとも言われている、銀山温泉。

そうですね。  旅館に着いたらまず自慢の温泉に入りましょうか!

藤屋には、露天風呂がありますので、少しだけ凍えた身体をここで暖めて
あげましょうか。

そのあとは、とりあえず、旅館街散策ですね、
大正ロマン溢れる町並みは、石畳らしいので、そこを下駄をはいてカランコロン・・・

はいいのだけれど、果たして冬に石畳を下駄で歩けるでしょうか?

はなはだ疑問ですが、できれば下駄を履いて石畳を歩きたいものです。
もちろん、たびを履いてね。



とにかく一日目は、銀山温泉街でまったりと過ごしたいものです。

銀山温泉のふじや以外の旅館の温泉に入ったり、

共同浴場の、しろがね湯に入ったり、温泉三昧といきましょうか!!



銀世界を灯すガス灯の明かりが一段とロマンティックな夜。

多分、私は、大正ロマンの情緒を感じながら、ぼんやりとベンチに座って、
時間を忘れて,ライトアップされた川を眺めているでしょう。 

川のせせらぎに癒されながら・・・。

もちろん、大正ロマン溢れる銀山温泉街も、飽かず眺めることになるでしょう。


銀山川と銀山温泉街を充分に堪能した頃には、
身体も冷えきっていることでしょう。


凍えた身体を温めるにはやっぱり温泉が一番です。

ライトアップされた雪景色を見ながらゆったりと露天風呂に入り、
純米酒を横に、宿の心づくしの料理を頂きましょうか。

私はそんなにグルメではありませんので、温かい鍋でもあれば充分です。



次の日は、少し銀山温泉の周辺を散策しましょうか。

銀山温泉周辺には、国指定史跡の銀山鉱洞など見所いっぱいの散策コース
があるらしいので・・・。


なにやら、銀鉱洞まで行く約1時間のコースがあるようだ。


まず、「白銀の滝」 の、22メートルの高さが作り出す壮大な白い
水しぶきがを眺めてから、

「せことい橋」 を渡り、 「洗心峡」 へ。

「洗心峡」 は、斎藤茂吉がその美しさに感動して歌を残しているらしい。

「茂吉の歌碑」。
斎藤茂吉が洗心峡の美しさをどのように表現しているのか、見るのが楽しみですね。

そして、次に向かうのが、 夏でも涼しい風が吹いてくる、 
「夏しらず」 という風穴。

聞くところによると、この風穴、とにかく大きいらしい。人間が立って
中に入ることが出来るそうだ。

加えて、その吹き出す風の勢いが物凄いらしい。

「夏でも涼しい風が吹いてくる」 というレベルではないようで、
この風穴の凄さは、実際行って体験してみなくてはわかりませんね。


そして、いよいよ 「銀鉱洞」 へ。

約500年前に三大銀山の一つとして栄えた、延沢銀山(のべさわ) 。
500年を経た坑内はどんなかんじでしょうか?

多分、一歩坑内に足を踏み入れると、別世界が拡がっていることと思います。

500年の歴史。  見るのが本当に楽しみです!!

帰りには、「山の神神社」 にも足を運んでみますか。

この、「山の神神社」 は、子宝安産、夫婦円満の神様として知られている
ようです。 


もちろん、昼食は、美味しい蕎麦や巡りをしましょう。

山形のそばは、本当においしいらしいので、蕎麦好きの私にとっては
嬉しい限りです。

2、3軒はしごをして、旨い蕎麦を充分に堪能したいと思います。


さて、銀山温泉周辺の散策も終わり、

あとは、時間の許す限り、真冬の、
「大正ロマンの湯の街 仙境の宿 銀山温泉」 を満喫しましょうか!!

銀山温泉 期待が高まります

銀山温泉に行ったら泊まると決めた、ふじや旅館。

外国人女将の名前が、ジニーさんと、ジェニーさん。 
どちらかわかりません。

まあー、日本人からしたら、同じ様なものですが・・・。

藤屋旅館、部屋数もあまり多くないし、女将さんも気さくな方のようですから、泊まったら、密なコミニュケーションが取れるのではないかと、
期待しています。

それと、外人女将ならではの、着物姿も!!


さて、銀山温泉へのアクセスですが、いいという方と、
あまり良くないという方がいます。

どちらが正しいのでしょうか?


高速を使って、山形北ICから国道13号線を北上して1時間、
新幹線では、大石田駅で下車して銀山温泉行きのバスで40分。 だそうです。

これを、近いと感じるか、遠いとかんじるか、これは行く人の感覚の問題ですね。

1時間を長いと感じるか短いと感じるかですよね。


雪をあまり見る機会のない所に住んでいる私だったら、
雪景色の中での一時間。  堪能できますね。  もちろん近いと思うでしょう!


「できれば、雪景色を眺められるこの時間が永遠に続いて欲しい!」 と、
思いかねませんね。



自家用車でいく場合は、下にある大型駐車場に駐車して、
そこから徒歩で旅館まで行くようですが、

冬の山形。  運転には相当注意が必要な感じですね。 
甘くみてると大事故を起こしかねないとか。


何しろ、普通の道路でも日陰のぬれたところは、昼間でも凍ってきて
滑りやすくなるとか・・・。

自家用車で行く方はスタッドレスタイヤにするか、タイヤチェーンを
用意することは絶対必要なことですね。


冬の銀山温泉、ライトアップされた大正ロマン溢れる街並み、想像する
だけでも胸躍ります。

以前、やはり冬に那須に行ったことがあるのですが、よかったですねー。


車で行けない三斗小屋温泉。

箱根湯元から、峠越えの道を確か2〜3時間歩いたと思う。
途中風が強く、必死の思いで峠を越えたのを思い出しますね。

泊まった旅館は、確か、大黒屋旅館。
あと一軒、煙草屋旅館しかないのだけれど・・・。



冬の温泉街。何がいいって?  

やはり雪。 それと冬景色。 それと冬の寒さですね。

暖かい地方ではなかなか凍えるような寒さは体験できないですよね。
その寒さを自然の中で体験できるのは本当に貴重です。

もちろん、凍えた身体で入る温泉は最高ですね!!

銀山温泉 話題も多そうです

山形 県にある、銀山温泉。

そこの、「 銀山温泉街」 といっても、
銀山川の両側に旅館が並んでいて、端から端まで散策しても、
普通のスピードで歩けば大体15分ぐらいでみてまわれるようです。

けれど。何といっても、 「大正時代にタイムスリップした街」

一軒、一軒、旅館をじっくり眺めて回るだけで飽きないとか!

特に、夜になると銀山旅館街の様子が一変するようです。

ガス灯がともされ、各旅館はライトアップされて、本当に幻想的な
世界が広がるみたいですね。

今回、銀山温泉組合のホームページにあった、 「銀山 温泉 宿 一覧」 と、「銀山荘」 のホームページを参考にしているのですが、

どちらのホームページも、凝っていて面白かったですね。

それに比べて、
じゃらんでの、銀山温泉の旅館の案内は、画一的で面白味がありません。

格安旅館を見つけるにはいいかもしれませんが・・・。

銀山温泉旅館も、各旅館それぞれに特徴があるみたいで、
各旅館に泊まった方の感想なども参考になりますね。

「銀山荘」の 癒しの寝湯。
ゆっくりと寝た状態で温泉につかり、ライトアップされた景色を、あかず眺める。
時が過ぎていくのを忘れそうですね。

「外人 女将」 で有名になった、「藤屋」(富士屋ではありません。)
行かれる方皆さん、外国人 女将の着物姿の印象が強いみたいで、
着物姿を見ることを期待されているようです。

旅館に着いてみて、外人女将が着物姿でないとがっかりされるとか。
外国人女将、人柄的にはきさくな方のようです。

また、「おしん」 のゆかりの旅館の、 「能登屋」

旅館から瀧が見える、 「 瀧 見 舘」

民宿とは違いますが、自炊のできる、 「御宿 やなだ屋」 と、「旅籠  いとうや」

一番新しい旅館の、 「古 勢記 屋」 などですね。

どうせ銀山に来たのですから、一軒一軒回ってみるのもいいですね。

多分銀山温泉観光協会に、銀山温泉マップというか、簡単な地図もある
でしょうから、

それを手にして。

立ち寄った先で、お湯に入るのも一興ですよね。

ちなみに、銀山温泉のお湯は、細かな湯花が混じった、乳白色の含食
塩硫化水素高温泉ですね。

また、共同浴場の、しろがね湯もよさそうです。

その 泉質 は・・・ 含食塩硫化水素高温泉
効能として ・・・ 神経痛、リウマチ、皮膚病、創傷、成人病、
             婦人病、等 だそうですよ。


また、「古勢記屋」で、カレーを食べてもいいし。
ちなみに、カレーパンのおいしい旅館もあるようです。

各旅館には、それぞれ特徴のあるお土産用の品を揃えた売店もある
でしょうから、ブラブラ歩きもいいかもしれませんね。

銀山温泉 宿選びもたのしいですね

「銀山荘」 「能登屋」 「瀧見舘」 「古勢起屋」 「古山閣」  

「昭和館」 「旅館 永澤 平八」 「旅館 松本」 「藤屋」  

「御宿 やなだ屋」  「旅籠  いとうや」 

山形の銀山 温泉 組合に加入している上記の11軒の旅館、
あなただったらどこに泊まりますか?


もちろん、旅館ごとに特徴があると思いますが、
私だったらまず、客室の少ないところを選びますね。

旅館の名前もいい感じの、
「御宿 やなだ屋」 「旅籠  いとうや」 ですね。


口コミなどで、銀山温泉も有名になって今は少し観光地化しているようで、
旅行シーズンには、温泉ツアーでもないでしょうが、
ー大きい旅館では人でフロントがラッシュアワー状態のようです。

それを避けるためにも、
「御宿 やなだ屋」 「旅籠  いとうや」 はいいかもしれませんね。


又、少しミーハー気分をだして、「ふじや」 
いや、 「藤屋」 もいいかもしれませんね。

ここは、外国人女将のジニーさんのいることで有名になりましたね。
私も、ジニーさんが着物姿でテレビに出ていたのを見た記憶があります。


また、各旅館も、日帰り入浴というのか、
旅館に宿泊せずに、源泉の温泉にだけ入り、日帰りできると思いますが、

「御宿 やなだ屋」 と、「旅籠  いとうや」 は、
自炊も出来るようですね。


あと、「古勢起屋」 は、なにやら、 「銀山荘」 の別館のようで、
最近、オープンしたばかりのようです。

新築、ピッカピカの旅館に泊まってみるのもいいかもしれませんね。


露天風呂があるのは、
「銀山荘」 「古山閣」(小関 ではないです。) 
「藤 屋」   「旅館 永澤平八」  「能登屋 」   「瀧見舘」


宴会場があるのは、
「銀山荘」 「古山閣」   「旅館 松本」  「昭和館」
「古勢起屋」 「旅館 永澤平八」 「能登屋 」 「 旅籠 いとうや」  
「瀧見舘」


また、
「銀山荘」には、癒しの寝湯が、
「古山閣」には、離れ倉座敷、
「藤 屋」 には、貸切風呂が、

変わったところでは、「古勢起屋」 にカリーショップがあります。


となると、宴会場がないのは、
「御宿 やなだ屋」 と、「藤 屋」 の2軒だけになりますね。

2軒のうちでも、露天風呂と貸切風呂があるのは、「藤 屋」 ですね。


まあー、グループで行くのなら、ほかの選択肢もあるでしょうが、
個人的にいくのなら、 「藤屋」 で決まりでしょうか?


「銀山 温泉 ランキング」 でもあれば、また別な旅館が良くなるかもしれませんが・・・。

銀山温泉ってしってましたか

「大正ロマンの湯の街 仙境の宿 銀山温泉」

うーん、心惹かれるキャッチコピーですね。

あなたはもうご存知ですね。 山形の、銀山温泉。

そうですか。知っていましたか!
申し訳ありません。 私は知りませんでした。

なにやら、かって銀山だった所だそうで、

今は、
「大正ロマン溢れる旅館の街並み」 

「露天風呂からの雪景色が素晴らしい温泉」 

「NHKテレビおしんゆかりの温泉」として、有名らしい。

ただ単にひなびた温泉街というのではなく、 
大正時代に 「タイムスリップできる」 温泉街のようです。

土地の人にとっても、 「銀山」 というのは、
特別な場所、異次元空間のようですし・・・。

今では、予約なしでは宿泊できないほど人気があるとか・・・。

春夏秋冬の良さがあると思いますが、やはりいくなら、

山が紅葉に包まれる秋か、
純白に雪に覆われる冬がいいと思いますね。



銀山温泉。少し調べてみました。

旅館の数は、11軒。
少し少ない感じもしますが、まー大体こんなものなのでしょうか?


でも、見てみるとかなり旅館の規模に差がありますね。

宿泊人数の多いものから挙げていきますと・・・

「銀山荘」 宿泊人数 なんと200名 客室 46室

「能登屋」 宿泊人数 85名  客室 17室

「滝見館」 宿泊人数 70名  客室 14室  
すみません。瀧見舘 が正確な旅館名でした。

「古勢起屋」 宿泊人数 66名 客室 14室

「古山閣」 宿泊人数 65名 客室 14室

「昭和館」 宿泊人数 50名 客室 11室

「旅館 永澤 平八」宿泊人数 45名 客室 8室

「旅館 松本」 宿泊人数 35名 客室10室

「藤屋」 宿泊人数 21名 客室 8室

「御宿 やなだ屋」 宿泊人数 20名 客室 4室

「旅籠  いとうや」 宿泊人数 15名 客室 4室

(酒田屋 が見当たらないけど、銀山ではなかったかもしれないなー。)


あまり旅館に泊まったことがないので、詳しくないのですが、
この案内をどう読み取ればいいのでしょうか?

大体、1室、3.5名から5名を見込んでいるようですが、
一番少ないのが、 「藤屋」 ですね。2.6名しか見込んでいません。

それに反して、一番多いのが、 「旅館 永澤 平八」 ですね。
なんと1室5.6名を見込んでいます。


この数値も、旅館側が勝手に決めることは出来ないと思うので、
多分見込み人数が多いということは、それだけ部屋が大きいという
ことなんでしょうね。



ちょっと、一番規模の大きい、 
「銀山荘」 のホームページを覗いてみたのですが・・・。


色々揃っていますね。

まあー、お菓子や民芸品、雑貨などを販売している
お土産品用の売店があるのは普通でしょうが、

料亭【蓬莱】

最大160名入れる大宴会場

居酒屋【嬉亮恵】

カラオケボックス【ジャランゲル】

パーティールーム【アイラスゲェーナ】

そして、露天風呂から見た景色を見ることが出来る、
「ライブカメラ」までありましたね。

旅館も相当豪華そうです。
Powered by さくらのブログ